職の幅を無限大にする完璧超人を目指す!

小さなころは勉強が何の役に立つのかわからないものですが、大人になってみてはじめて「勉強していてよかった」と感じます。
仕事選びの時にも、勉強をやってこなかったことが原因で後悔はしたくないものですね。

仕事よりも遊び!?

見た目は小学校1年!頭脳は今のまま!そんな夢のような状態で過去と現在を行き来できるなら、僕は間違いなく伝説のギャンブラー(笑)を目指しますね。

目指す職業はギャンブラー!?

即座に競馬新聞で結果を見て頭に叩き込んでメモしてしかるべき日に競馬場にいけば一生遊んで暮らせそうです。
とはいえ、それだと人生に何の面白味もなくなってしまいそうです。

憧れの職業、宇宙飛行士へ

折角頭脳は今のまま子供からやり直せるのですから、勉強をして宇宙飛行士を目指してみたいですね。

憧れの職業は宇宙飛行士

身体能力、英語、医学、工学、などの大学卒業以上の知識が必要資格なので相当難易度が高いですが、子供ごころに漠然とした目標ではなく今の記憶で子供に戻れるのならば明確な目標設定、独自の勉強方法などを駆使して頑張ればなれると思います。

学生当時の勉強法

毎日違うジャンルの勉強を最低1時間きっちり行う、というのが当時の僕の勉強スタイルでした。
こうすると毎日同じジャンルを続けるよりも覚えがよく、バランスもとりやすいので昔から行っていますね。

スポーツ万能で英語も達者な医学or工学部卒業という完璧超人を目指す以上そう甘くはないと思いますが、甘くない事を自覚し、真剣に行えると思うのできっとなれるはず!

知識があれば職が広がる

どこまで自分が通用するかわからないながらも必死に勉強することで、仮に目標とした完璧人間にはなれなくても、仕事の幅はきっと広がります!

例えば、自宅を改造して個人塾を開業してみたり、2度目の人生ということでそれだけ人生経験が豊富になりますから、人材育成のセミナーをやってみるのもいいかもしれません!
まぁ、、どの道も夢の又夢ですが(汗。

 

インタビュアーコメント

すろたさん、ありがとうございました。
最初は遊んで暮らすというお言葉にビックリしましたが、そこから一気に完璧超人を目指すと、180度方向転換(笑

しかし、確かに勉強は将来何の役にも立たないかもしれませんが、仕事を選ぶときには役に立ちますしね。時間は有限、取り戻すことができない分、今の若い人たちには後悔のない人生を送ってほしいものです。