今からでもやりたい仕事を目指してみよう

子供時代になりたいお仕事がなかなか見つけられなかった「さてぃさん」。

当時の後悔を取り戻すべく大人になった今現在も勉強されているそうです!!

なりたい職業が無かった子供時代

私が子供の頃なりたいものとして挙げていたものは花屋さんですが、実はなりたいものなんて無いけど無いとなると将来の夢という作文が成り立たないので、仕方なく書いていた部分があります。

なりたい職業を必死に考える

現在の記憶と資質のまま子供に戻れるならば、やはり学者や研究者が一番ぴったりだと思います。

小学校低学年にして親から叩かれながら勉強することに恐怖とウンザリ感を感じて勉強嫌いになってしまったので、自主的に勉強できるのならば、高校は進学校へ通い、大学は心理学か文学・歴史系の学部へ入り、ずっとひたすら調べ物をして追求する仕事の方が向いているんだろうなと、大人になってからは痛感しています。

職への後悔を今から取り返す

現在では心理学や英語・歴史の本を読んでいますが、勉強すればするほど子供の頃勉強していない事を悔やみ、今取り返している最中なので、本当に戻れるならば戻ってみたいです。

食べていくための資格としてはファイナンシャルプランナーの資格、趣味では編物系や調理師の資格を取得してみたいなとは思います。

私の学習方法

私の学習方法としては、自宅ではついついインターネットで時間を潰してしまうので、
もっぱら図書館で勉強するようにしていますが、判らない部分はただ自分が理解できるまでノートに図解などを書き込み、
何度も読み返すという古典的な学習方法を取っていますが、今のところこれは一番頭に入ってくる学習方法です。

 

インタビュアーコメント

さてぃさん、ありがとうございます。
仕事・職に対しての後悔は大人になってからでないと、子供の頃にはわからないものですね。
しかし、今からでも公開を取り戻すべく勉強なさっているさてぃさんに感服です!

私のやりたい仕事は翻訳家。勝手なイメージですが、自宅に居ながら自分の時間で仕事を進めるような気がして・・
なかなか甘い考えかもしれませんが、今のまま子供になれるならチャレンジしてみたい