現代にあったワークスタイルの仕事

昔はスマートフォン、携帯電話どころか、インターネットだって普及されていないような、そんな時代がありましたよね。
しかし、今では技術の進歩によって便利なものがたくさん増えました。そんな現代にあったワークスタイルでのお仕事をお考えの「satoshiさん」。
まさに、今この時代だからこその考えですね。

ネットを介したワークスタイル

今、もしも職業を選べるとしたら、私はプログラマーになってみたいです。
それも会社に属さずにフリーで仕事をし、地方に住みながらネットを介して仕事をしてみたいです。

プログラマーになるためには、なるべく早く様々なプログラム言語を覚え、各プラグラム言語の認定試験をパスしておく必要があります。
例えば、C言語、Javaなどの言語です。

現代風のワークスタイル

現代ではプログラミングを小学生に教える会社や、オンラインでプログラミングを教えてくれるサービスもあります。
これらを利用することでプログラミングを効率的に習得することができるでしょう。

楽しく学べる環境を

しかし、私の勉強方は「作りながら学ぶ」です。
例えば、簡単なゲームのアイディアを自分で練り上げて、それに必要なノウハウを書物で調べます。

今までの経験上、本で調べさえすれば、ある程度形になります。
たとえ出来上がったものが不完全であったとしても、何の問題もありません。自分が楽しく創造しながらプログラミングを学べたのですから。

様々なものを創造しながら学び、作る喜びを味わいながら私は自然とプログラマーになってみたいです。

 

インタビュアーコメント

satoshiさん、ありがとうございます。
憧れる職業、目指す仕事に対して必死に目指すのではなく、喜びを味わい楽しみながら自然とその職を選ぶようになってみたいということで、ある意味それができれば、どんな仕事に就いても後悔しないかもしれませんね!

地方に住んで在宅でお仕事をしてみたいということで、空いた時間は庭でガーデニングといった、人生そのものも楽しめるようになれば・・本当に誰しもが思う理想形ですね。